スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「BANANA FISH」

2005.11.08 *Tue
吉田秋生さんの作品です。
この作品から吉田さんの作品を読むようになりました。
きかっけの作品です。
きっかけといっても今でもこれが一番好きかも。

アメリカと日本の生活の違いを感じますね。
アメリカだって安全なところもあるんだろうし、日本だって危険な場所はあるけど。
昔はこのくらいのギャップはあったんだろうなぁと思いました。
だって銃をもつことを許されている国ですからねー。
私なんて銃なんて見たこともありませんよ。

アッシュは、こういう運命に選ばれちゃった子なんだろうなぁーと思いました。
自分は穏やかに、平和にすごしたいのに周りがほうっておかないみたいなね。
周りの人達はなんでも持っている彼が羨ましくて憧れでその反面嫉妬する。
本人はちっとも嬉しくなくて逆にそれが疎ましいみたいな。
それを英二がわかってあげれたからあの信頼関係はうまれたんじゃないかな。

生まれる国、環境によって人の人生って
変わってしまうんだろうなと思わされた作品ですね。
私たち日本人は日本に生まれらたっていうのだけである種ラッキーだったのかもしれませんね。

でも、最後はああいう終わり方じゃないとかたがつかなかったのだとは思うけど
私はなんだか悲しくって・・・。

「BANANA FISH~AnotherStory~」っていうのもでているのですが
そっちもおもしろいかも。
成長した英二、昔の英二も見れて・・・。
でも、絵が変わりすぎていて同じ人とは思えないかもだけど。

4091911617Banana fish (1)
吉田 秋生
小学館 1996-12

by G-Tools


409191182XBanana fish another story
吉田 秋生
小学館 1997-11

by G-Tools

スポンサーサイト
CATEGORY : マンガ


Copyright © 幸せなくじゃく All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。