スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「哀しい予感」

2006.01.20 *Fri
吉本ばななさんの作品。
けっこう前の作品ですね。
私、実をいうとこの作品以前にもよんでいるんですが
すぐ忘れてしまうのでまた読んでみました。

ちょっと変わった叔母と姪の話。
やっぱり血は水よりも濃しってことかなぁ~。
どこかで呼び合うのかもしれない。
でもきっとそれはその2人に楽しい思い出も
哀しい思い出もあるから。
だから呼び合ってしまうのだろう。

知らなくてもいいこともあるかもしれないけど
でも、知らなくちゃならないこともあるんだろうなと感じました。
そうしないといつまでも、宙ぶらりんな
ふわふわとしたところにいる感覚になってしまうと思う。
特に自分に関することはやっぱり知らなくちゃいけないのかもしれない。
それを知った後どうするかは自分次第なんだろうなぁ。


4041800013哀しい予感
吉本 ばなな
角川書店 1991-09

by G-Tools


吉本ばなな作品 「体は全部知っている」 「アムリタ」 「キッチン」
スポンサーサイト
CATEGORY :


Copyright © 幸せなくじゃく All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。