スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「体は全部知っている」

2005.09.19 *Mon
吉本ばななさんの作品。

私は吉本ばななさんの表現のしかたが好きだ。
好きというかしっくりくるというか・・・。

これは短編なのでちょっと吉本ばななワールドにひたる
には物足りないかなというかんじだけど
あとがきをみて、あ、これでいいんだなと思いました。

-----------------------------------------------------------------
体と自分のシンプルな関係について、いろいろ気づいたことがありました。
体と本能にまかせておけば、さほど間違えることはないというようなことです。
ひとたびそこを見失うと、問題は迷路に入ってしまい、おおごとにならないと
気づかなくなってしまうのです。
-----------------------------------------------------------------
なんだか、これを読んだら短編でいいのだと思いました。
このぐらいでいいんだなと思ったのです。

私はこのあとがきの部分をみてすごく共感しました。
でも、これはそういった経験をして
身をもってしないとわからないことだと思うんですけどね。
なかなか、そん時は気づかないんですよね。
そういった経験というのは皆それぞれ違うと思うんですよ。
で、その自分の経験に近いものが
この作品のなかからみつけることができるんじゃないかなと思います。

私は「おやじの味」でした。
経験は違うところも多々ありますが、気持ちが・・・。
なんだかすごくわかるんです。


4167667010体は全部知っている
吉本 ばなな
文藝春秋 2002-12

by G-Tools

スポンサーサイト
CATEGORY :


Copyright © 幸せなくじゃく All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。